グループ代表メッセージ

世界の変化に対応し、
人々の健康に奉仕する
グローバル企業となるために

サンスターグループ代表
金田善博

社会が変化しようと世界中のお客さまの健康に貢献するという軸は変わりません。

世界中のお客さまの健康に貢献するという軸は変わりません

日本で創業したサンスターは、現在グローバル本社をスイス・レマン湖畔のエトワに構え、グローバル企業として世界18カ国に拠点を持って、90カ国以上に製品やサービスの提供を行っています。 不確実性が高まっている現代だからこそ、サンスターはこれまで以上に、国の垣根を越えて話し合う姿勢を重んじ、総合力を発揮しようとしています。

全世界の人々に求められる存在であるために、私たちは創業者や会社の礎を築いた先人の考えを反映した「社是」「経営基本方針」「サンスター人の行動規範・8精神」を行動の軸としています。これらの方針はサンスターが大事にしてきた独自の価値観であり、原点は日本ではありますが、全世界に通用する考え方であると考え、価値観の共有化を進めています。

サンスターは、社是である「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」の精神に則って、世界中のお客さまの健康に貢献していきます。これはどれだけ社会が変化しようと変わることのない軸であり、お客さまのニーズに耳を傾け、最先端の研究動向とをかけ合わせて社会問題の解決策を見出すことこそが、人工知能が台頭していく時代において人間にしかできないことだと私は考えています。今、サンスターは変革の真っ只中です。大きく変っていく世の中に対応できるよう、常に様々なチャレンジを行っています。

時代にあったアプローチを柔軟に採用することで、幅広くお客さまの健康ニーズに応えていきます。

私たちが変わらず大切にしてきたのが、お客さまや医科分野・歯科分野の専門家(KOL)とのコミュニケーションです。約30年前から、商品開発の部署は毎日お客さまや最先端の研究者、専門家とコミュニケーションを行い、時代のニーズに合ったソリューションを提供していくことに貢献してきました。私たちが果たすべき役割を把握した上で、サンスターは新たな製品づくりや研究開発に挑戦してきたのです。

サンスターは、オーラルケアからスキンケアやヘアケア、糖尿病患者にも取り入れやすい食品や玄米を使った飲料など健康・美容食品など全身の健康をサポートする製品の開発、シーリング材や接着剤、モーターサイクル用部品など建物や乗り物といった生活環境においても健康に貢献するような商品やサービスを開発してきました。

健康・美容食品など全身の健康をサポートする製品の開発、生活環境においても健康に貢献するような商品やサービスを開発してきました

こうしたモノづくりを支えてきたのが、サンスターに根付いている品質や技術的な裏付けにこだわる職人的な姿勢。近年では、サンスターの強みであるモノづくりにこだわる姿勢にAIやIoTなど時代にあったアプローチを柔軟に採り入れていくことで、幅広いお客さまのニーズに応えていけると考えています。

サンスターはエビデンスに基づいた商品、サービスのみを提供しており、研究開発に力を入れています。私たちはお口の健康が身体の健康にどう影響するのかにいち早く着目して20年前から世界の研究者と対話を進め、歯周病と糖尿病の関係など、お口の健康と身体の健康の関係を世界に啓発し、これら生活習慣病予防に向けた解決策を見出そうと奮闘しています。

サンスターならではのユニークな方法で人々と社会を健康にすべく挑戦していきます

世界的に高齢化が進む今日、お口から全身の健康を考えることをの重要性は増すばかりで、歯科医師・歯科衛生士とのつながりだけではなく、栄養士や内科医といった専門家の方々、大学や研究機関など社外の方々とも積極的にコラボレーションしています。今後は外部とのコラボレーションに加えて、IoTやAI、マイクロバイオームなど、様々なテクノロジーを活用し、サンスターならではのユニークな方法で人々と社会を健康にすべく挑戦していきます。

サンスター人はお客さまの健康に奉仕することにやりがいを感じる人たちの集まりです。

サンスターで働く人々には伝統と先進性を融合させ、世界各地域のニーズに合わせた製品・サービスを提供していく柔軟さが求められます。

私たちは「行動規範・8精神」に沿って働く人々を「サンスター人」と呼んでいます。サンスターでは「One Sunstar」を合言葉に、世界中のサンスター人がコミュニケーションしながら会社の中長期計画について一体となって考えていくことを重視しています。そのために、私は現場の人たちと共に経営課題を議論し、経営品質の勉強会を開催しています。会社の指針に則って成し遂げた成果を現場から推薦してもらって表彰する「グローバル四賞」という制度も設けました。国境を越えて一体となって動いていけるよう、試行錯誤しています。

共通の目標に向かって行動するサンスター人は、お客さまの声に耳を傾け、把握したニーズに応えていくことにやりがいを感じる人たちの集まりです。サンスターで働いている一人ひとりが代表者としての自負を持ち、主役となってお客さまの期待に応えていってもらいたい。一人ひとりが使命感や勇気を持てるように支え、「ここで働いていてよかった」と思える会社にしていくことが私の役割です。

サンスター人に秘められた可能性が花開くよう育成し、約4,000人のサンスター人が世界で活躍できるようになれば、大きく社会に貢献していけると信じています。