R&D Story 03

快適で安全な空間を作る
ペンギンインドアシール

住空間で使用される多くの接着剤やシーリング材には有機化学物質が使用されており、ホルムアルデヒドやVOC(トルエンやキシレン等)を使用した製品では健康に悪影響をえることが知られています。サンスター技研は住空間で生活する人々の健康を考え、健康に悪影響を与える化学物質を使用しないシーリング材を開発し、建物 をより快適で安全な空間へと変えました。

安全で安心な空間を建てる材料

シックハウス症候群 とは、何らかの理由で汚染された建物内の空気を吸い続けることで起こる体調不良の総称です。長く滞在するほど体調が悪化するため、身近な建物でも発症してしまう厄介な症状です。室内空気汚染の原因としては、カビや微生物、建築材料から放出される有機化学物質が挙げられ、近代建築物は気密性が高いため、これらの汚染物質が滞留しやすくなっています。なお、有機化学物質を放出する主要因の一つに接着剤が挙げられますが、使用面積の少ない建築用シーリング材も要因の一つとして考えられています。

シックハウス症候群は、目と耳のトラブル、咳や頭痛、下痢、便秘、発疹など、人によってさまざまな症状を引き起こします。

建築用シーリング材とは、地震や風によるたわみやズレで、壁などの部材が互いにぶつかり合うのを防ぎ、かつ、水や空気を通さない気密性を持たせるための材料で、窓枠からお風呂のパッキンなどをはじめ、あらゆる建物で使われています。また、構成材料もウレタンやシリコーンなど、用途に合わせて様々な種類が販売されています。

サンスターのシーリング材は多くの有名な建物に使われています。
左:名古屋ドーム(愛知県)、右上段:鹿児島中央ターミナルビル(鹿児島県)、右下段:埼玉スーパーアリーナ(埼玉県)

常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕するために

常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する シックハウス症候群が社会問題として認知されるにつれて、建築業界では体に優しい建材を求める声が高まってきました。また、原因物質が特定されてくると使用濃度を規定するガイドラインも整備されました。このような取り組みは近隣諸国でも行われており、例えば韓国では、2006年に新築集合住宅について室内化学物質濃度の公表を義務付けました。このような社会情勢や業界からの要望、更には「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」といったサンスターグループの社是も相俟って、シーリング材の開発に着手しました。

徹底した原材料のチェック

シーリング材は、色々な素材への接着や建材への追従性、気密性、紫外線に対する耐久性等、様々な要求性能に応えるべく種々の化学物質が配合されています。そのため、体に優しいシーリング材の開発に際しては原材料に至るまで徹底的にチェックすることから始めました。しかしながら、使用できる原材料を限定しながらの開発は容易ではありません。シーリング材としての機能を保っているかをチェックしながら、試行錯誤を繰り返す日々を過ごしました。

試験1

接着性試験

気密・水密性を確保するためには、建築部材に接着していなければなりません。そこで、建築材料として使用される材料を接着相手(被着体といいます)として選定し、接着性試験を実施します。なお、通常は一定の条件下で硬化(ペースト状からゴム状態への反応)させた後に試験を実施しますが、シーリング材の使用環境を想定し、熱や水で劣化させた後にも試験を実施します。アルミ・モルタル・ガラスといった代表的な被着体での試験が一般的ですが、実際の試験では遥かに多くの被着体を選定し、接着していることを確認します。

試験2

耐候性試験

有機系の素材は、日光に晒されると退色したり、強度や柔軟性が失われます。そのため、これらの現象を未然に防ぐ目的で、耐候性能を確認します。シーリング材を実際に屋外へ設置して評価する方法が最も簡単で確実な方法ですが、とてつもない時間を要してしまいます。そのため、劣化現象を短時間で再現させる促進耐候性試験を実施します。この方法で評価を実施しますと、1年後の劣化状況を数百時間で再現することができます。

試験3

化学物質放散量の測定

シーリング材から放散される揮発性有機化合物(VOC)が指針値以下の放散量であるかを確認するための試験です。試験開始から一定期間後(例えば1日後、3日後等)に空気捕集を行い、ガスクロマトグラフィーにて濃度測定を実施します。なお、インドアシールにて本試験を実施した場合、厚生労働省指定13物質は何れも不検出(分析定量下限以下)となります。

厳格な自社基準と施工業者による評価がつくる信頼

日本工業規格等の試験項目に加え、サンスター技研では独自の厳しい評価基準を設定し、それらをクリアできた安心・安全な製品だけを提供しています。なお、シーリング材は硬化(ペースト状からゴム状態への反応)した状態での性能発揮も重要ですが、ペースト状態での使用感もまた重要な要素となります。そのため、シーリング材の性能設計が完了に近づくと、シーリング材の施工業者に使い勝手を評価してもらいます。コーキングガンからの吐出性、目地への充填のし易さ、材料の仕上げ易さ等を直接評価して頂くことで、質の高いシーリング材が完成します。

機能性と使い勝手の試験がサンスターの技術を保証します

環境に配慮した製品開発

  • シーリング材の軽量化

  • 廃棄される容器のゴミを7分の1に削減

  • 運送にかかるCO2排出量の削減

環境に配慮した製品を心がけるサンスターでは、CO2削減のため、比重の軽いシーリング剤を開発しました。同じ容量でも重量が軽いため、輸送にかかるCO2が減るだけでなく、現場で製品を扱う施工者たちの負担も軽減することに成功しました。また、シーリング材をフィルムで作製された容器「エコカート」に充填して販売する事で、廃棄されるゴミを往来の7分の1に減らしました。

進化するシーリング材

また、インドアシールの開発で培った技術を応用し、クリーンルームで使用できるシーリング材も開発しました。半導体製造工場等、先端技術を支える分野でも弊社の技術が活躍しています。

シーリング材のこれから

最近では建築の現場を支える職人の高齢化や減少が著しく、メンテナンスがより少なくてすむ建材のニーズが高まる一方です。こうした背景を考慮して、サンスター技研では、長期間の使用に耐える製品の開発に取り組んでいます。また、建物を長期使用するにあたり、その美観を維持する目的で塗装を施すケースが増えてきています。シーリング材の上にも塗装が施されることになりますので、この塗料を汚染させない「ノンブリード」製品の開発にも取り組んでいます。

製品詳細

ペンギンインドアシール*

シックハウス症候群は、ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)が原因の一つとされており、厚生労働省は13化学物質について室内濃度指針値を策定しています。サンスター技研では原材料に至るまで徹底的に追求し、13化学物質を放散しない室内専用の体に優しいシーリング材を開発しました。2004年の発売以降、広く使われている室内専用シーリング材で、建物がより安全で安心な場所になりました。

ペンギンインドアシールの製品紹介ページ(日本)

*この製品は法人のお客様への販売のみとなります。

参考文献

  • 2007

    Anti-Sick Building Sealant for Indoor Use

Holistic Health Care

総合的な心身の健康を志向するサンスターの全方位的なアプローチです。Holistic Health Careでは、日常生活のあらゆる面にわたって一貫したアプローチを行います。当社の社名が示すとおり、サンスターは、朝、太陽が昇ってから、夜になり星が出るまで、一日を通じてお客様をサポートします。