News

サンスター『糖尿病とうまくつきあう』サイト 第7回糖尿病川柳入賞作品発表!

SHARE

 サンスターグループ(以下サンスター)は、糖尿病患者とその家族をサポートする『糖尿病とうまくつきあう』サイトで、糖尿病川柳企画「第7回糖尿病川柳~「令和」大切な人と笑おう!糖尿病とつきあう川柳~」を開催しました。
 今回は、糖尿病患者のみなさまやそのご家族の方223名より854作品が寄せられ、過去最高の応募作品数となりました。全作品の中から選ばれた、優秀賞5作品、入賞15作品を発表します。
 作品をサイト会員以外のみなさまにも共有することで、糖尿病患者のみなさまや、患者さまを支援するご家族のみなさまに心安らぐひと時を提供したいとの思いから、サンスターはこの糖尿病川柳企画を広くご紹介させていただいています。

◆優秀賞

 戒めと トイレに飾られ 検査結果  (saboさん)

 バイキング 妻に叱られ ハイキング  (カジキミさん)

 歯を磨き 空いた小腹を ねじ伏せる  (つべるさん)

 新しく お茶碗買い替え 子供用  (かすたーどさん)

 定食屋 ご飯の量は?と 聞かないで  (サップさん)「

◆入賞

 口寂し 話し相手が 欲しい午後  (大阪のアンちゃんさん)

 メニュー見る 昔金額 今カロリー  (dariaさん)

 妻よりも いつも寄りそう 万歩計  (あ~ちゃんさん)

 「まず野菜」 呪文を唱え 箸を取り  (カイセママさん)

 切り換える 心も体も 元号も (デシさん)

 パパ痩せた おかずあまって ママ太る  (さささの母さん)

 米食いたい 戦時の父と 同じ夢  (momiji66さん)

 俺の為 家族みんなが 糖(遠)避ける  (万平さん)

 糖抑え 妻の料理は 五つ星  (63おーちゃんさん)

 妻よりも アプリと散歩 励まされ  (風見鶏さん)

 愛妻家 食生活も 愛菜家  (風信子さん)

 飲み代は 昔は酒で 今クスリ  (桑名のニノさんさん)

 守られぬ 壁スローガン また増えて  (多田正太郎さん)

 薄味で ちょっと濃い目の 夫婦仲  (ナフナさん)

 味・メイク 薄めで活かす よい素材  (宮のふみさん)

今回受賞しました作品、入賞者の声は、以下サイトでご紹介しています。

第7回糖尿病川柳~「令和」大切な人と笑おう!糖尿病とつきあう川柳~特集 ページhttps://jp.diabetes.sunstar.com/sdp/senryu2019_result/

【サンスターと糖尿病のかかわりについて】

サンスターは「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」の社是の下、オーラルケア、 ヘアケア、スキンケア、健康食品などの事業を展開しながら、歯周病予防・治療、歯と口の健康が全身の健康に及ぼす影響(癌や糖尿病との関係)について、国内外の研究機関と共同研究・商品開発を進めています。また、糖尿病克服への貢献はサンスター創業者の遺志でもあり、2008年にはアメリカ・ハーバード大学医学部付属ジョスリン糖尿病センターとの研究協業を開始。国内外で多数の共同シンポジウムを開催し、「糖尿病と歯周病」「糖尿病と栄養」の情報を発信しています。更に、2012年2月に「糖尿病とうまくつきあう」サイトをオープンしました。

【『糖尿病とうまくつきあう』サイト】
「糖尿病とうまくつきあう」サイトでは、2012年2月のオープン以来、糖尿病患者さま向け料理レシピや、糖尿病関連のニュース、糖尿病との関連性が深い歯周病などの口腔ケアに関する情報の発信、患者さま同士がネット上で健康や病気に関する意見交換など、糖尿病と生きる方々のパートナーとしての支援を行っています。
URL:https://jp.diabetes.sunstar.com/sdp/
【サンスターグループについて】
サンスターグループは、持株会社サンスターSA(スイス・エトワ)を中心に、オーラルケア、健康食品、化粧品など消費者向けの製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・スイスSA(スイス)と、自動車や建築向けの接着剤・シーリング材、オートバイや自動車向け金属加工部品などの産業向け製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・シンガポールPte.Ltd.(シンガポール)を中核会社とする企業グループです。

<本件に関するマスコミからのお問い合わせ先>
 サンスターグループ 広報部 TEL:03-5441-1423  FAX:03-5441-8774
 〒105-0014東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル21階 http//jp.sunstar.com

グローバルニュース

サンスターのグローバルニュースを英語で発信しています。

グローバルニュース

ソーシャルメディア

Stay updated through our social media accounts