サステナビリティ推進体制

消費財・生産財それぞれの事業そのもので社会に貢献するCSV(Creating Shared Value)の観点から「2032年のありたい姿」を掲げています。そして、それを実現していくために、社会から求められる「環境」「人財」「経営基盤」を、CSR(Corporate Social Responsibility)の観点から優先的に取り組むべき課題と捉え、その推進を図っています。2019年以降は、これまで拠点ごとに進めてきた環境面の取り組みをグループグローバル統合の活動として推進。2021年にはグループグローバル統一の中長期目標を設定、事業間で連携し、環境対応を進めています。

体制図

サステナビリティTOPに戻る

一覧に戻る