お口と全身の健康啓発活動

方針・考え方

サンスターグループは、お口の健康維持が全身の健康維持にとって重要である事をいち早く提唱し、医科・歯科専門家と共に啓発活動を続けています。
啓発活動を主導するサンスター財団ホームページ

取り組み事例紹介

健康寿命延伸に向けたオーラルフレイル予防啓発を推進(日本)

お口の機能の衰えが全身の虚弱化を早めてしまうオーラルフレイルの予防啓発を日本で推進。サンスター財団歯科衛生士によるセミナー講師派遣、日本歯科医師会と連携した市民公開講座を開催しています。また、オーラルフレイル予防のためのスマートフォンアプリの無償公開。これらにより、食べられるお口の維持が健康寿命延伸にとって重要であることを啓発しました。

歯周病先端研究への支援

世界歯周病賞(欧州歯周病学会で表彰)、歯周病リンク賞、日本歯周病学会賞、アメリカ歯周病学会など、日米欧の学会で先端的な歯周病研究に対する表彰を行い、研究の進展を支援しています。

歯周病と糖尿病の関係性をいち早く提唱、啓発活動展開(グローバル)

1990年代から歯周病と糖尿病の関連性に関する国際シンポジウムを開催、2008年からは米ハーバード大学附属ジョスリン糖尿病センター共同で、世界各地で21回、7,400名以上の医科歯科の専門家を集めた国際シンポジウムを開催しました。また、金田博夫研究助成基金を通じて14名の医科歯科の若手研究者をジョスリン糖尿病センターなどに派遣するなど、口腔と全身の健康の関連性研究に携わる人材育成に努めています。 また、各国でも、様々な形で、歯科関係者、医療関係者、糖尿病患者などへの歯周病と糖尿病の関連性を啓発するイベントを行っています。

世界の歯科衛生士の活躍を支援(グローバル)

サンスター財団主催で歯科衛生国際シンポジウム(ISDH)にて表彰式が行われる「世界歯科衛生士賞」、米国サンスターと米RDHマガジン主催で北米で行われている「Sunstar / RDH Award of Distinction」など、歯科衛生士の優れた活動を表彰しています。また、歯科衛生士の職種がないアジア各国の医療機関で歯科医療に従事する看護師や学生に、日本の歯科衛生士業務や技術紹介する活動を継続的に実施しています。

世界保健機関(WHO)を通じた発展途上国へのハブラシ寄付(グローバル)

サンスター財団は世界保健機関(WHO)が取り組む各国の口腔衛生状態の調査データの収集や分析、歯科保健施策の方針策定を支援しています。また、サンスターグループとして2002年からWHOに協力する形で発展途上国へのハブラシの寄付活動を継続しています。これまでの活動で各新興国に提供したハブラシの総数は100万本以上となりました。写真は2018年にパラオ共和国に寄贈した25,000本のハブラシが小学生のブラッシング指導に活用された事例です。

災害時のオーラルケアの重要性啓発と支援活動(日本)

大規模災害で水が不足すると歯みがきがしにくく、お口の中が汚れやすくなることから、避難生活で誤嚥性肺炎によって亡くなる高齢者が増えます。1995年の阪神・淡路大震災で従業員の多くが被災したサンスターは、その経験を活かし2011年東日本大震災以降、災害時のお口のケア啓発活動と、水がなくても使用できる液体ハミガキやハブラシなどのオーラルケア製品を支援物資として提供しています。2016年熊本地震の際には、支援物資の提供に加え、お口のケア方法を示した避難所掲示ポスターを制作、提供。その後も災害時の避難所で活用いただいています。また、防災備蓄用に保存期間5年の液体ハミガキ「長期保存用ガム・デンタルリンス」を開発、より一層防災にオーラルケアを促進しています。

サステナビリティTOPに戻る

一覧に戻る